税理士にとってやりがいのある確定申告対策

税理士が担う仕事は多いものの、その代表的なものとして認知度が高いのが、確定申告における相談としての仕事である。フリーランスをする人が増えてきたものの、確定申告や納税に関する知識をもたずに事業を始めてしまっている場合も稀ではない。
そのため、年末の確定申告の時期になってそのことに気づき、どうすればよいかということを相談に来ることが多いのである。また、確定申告のことは知っていても自分で行うことに不安があって書類の確認を頼んだり、そのために時間を費やせないことから、書類作成の依頼をしたりするために訪れる人も増加してきている。

こういった傾向があることから、年末は税理士にとって繁忙期となるようになってきた。
多くのフリーランスをする人たちに対して、確定申告とは何かということや種類、方法等の同じような説明をする相談を繰り返さなければならないことは、仕事のためとはいえ大きな負担となっていた時期もある。

しかし、年を経てフリーランスの人たちも育っていき、より高度な相談が増えてきている。
いかにして節税を行うかということに視点が移ってきており、税理士がその本領を発揮できる相談内容になってきているのである。そういった相談を受けられることはやりがいがあり、収入にもつながる。
そのため、フリーランサー向けの確定申告の総合プランを準備することも増えてきており、やりがいを持って携われる仕事を増やそうという動きが強まっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です