確定申告の期日直前に相談される税理士

税理士の仕事は、複雑かつ多岐にわたる日本の税金について深い見識をもち、その扱い方について困っている人たちの相談にのったり、書類作成の代行を行ったりすることで、税制度を支えていくことである。
国の行っている税制度を支えることは国の予算を支えることでもあり、納税をしなければならない人を助けることもできることから、国のレベルから個人のレベルまで幅広く貢献できる職業としてやりがいに溢れている。
特に一般の人は税制についてあまり詳しくはない人が多いことから、基本的なことを知っているだけで容易に解決できる問題も数多く、あまり大きな苦労なく助けを行っていくことができる。

しかし、心構えとして持っていなければならないのは、独立して起業することがブームになった影響を受けて、フリーランスをしている人からの相談が増えてきており、その応対をする必要性が高まってきているということである。
フリーランスを始める人たちの多くは税については素人であり、確定申告に際して相談に来るというのが一般的な傾向となっている。

領収書等の必要書類も準備できていない状態で、提出期限の間近になって相談に現れる人も多いことから、その応対に追われることが増えてきている。
技術者のように論理的な思考をする気概が高い人も多いことから、相談の際にも論理的に見た飛躍がないような丁寧な説明が要求されることも多く、その忙しさに拍車がかかっているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です